コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

懇談会

懇談会に出席してきました。
我が校は懇談会の出席率はよくないのですが、
今回は10名以上いました。
ちなみに私も久しぶり
新年度が始まり、宿題が出たとき、
親が宿題の手伝いをすることをお許しください~
と連絡帳に書いたので、
会って一言、勝手でスミマセンと伝えるため!

学校目標、学級目標、学習の仕方などの説明の後、
お約束通り、1人1人発言を求められました。

私の前3人がそろって、ゲームしてばかりで困る、
との発言。
先生まで、わかります、うちの子もゲームします、
などと言い出して、
ただでさえ宿題全部させないってことで印象悪いのに、
いや、うちはゲームやってませんし、
なあんて偉そうに言えず、
バサッと話の内容を変え、
「1年生のお迎えがんばってます、
役割を与えられると頑張れるようです、
6年生になったので、役割を与えて頑張らせていただきたいです」
などなど、当たり障りの無い発言とさせていただいたのでした。

しかし・・・なんでしょうね・・
どんぐりしてる方々はきっと同じような気持ちになるのでしょうが、
なんか、浮いてる感じ
(いや、勝手に自分の中で浮いてるんですが)

皆さんの悩みをざっくりとまとめると、
・ゲームばかりする
・反抗期になってきた
・読書をしない
・時間を有効的に使えない

ってな感じでしょうか?
うーーーーむ。
一つ一つに突っ込みたい気分ですが、やめとこ

1人、最後の方がゲームもテレビも制限してますという方がいて、
読書ばかりして困る
との意見には、共感できましたが。
ただ、その方が引き続きおっしゃっていた
『やるべきことやらないで、やりたいことをやってしまう
最近、勉強をどのように進めるか予定をたてたところです』
には、気持ちはわかるものの、共感はできませんでした。

皆さん、期待値が高いわ~

どんぐりで教わった、
環境を整えること、言葉に気を付けること、テンポを大事にすること
それだけで、大部分のお悩み、解決されると思うんですが。
あと、ゲームを与えたのは親ですし、
好きにやらせてるのも親ですし、
その辺は親もがんばってもらいたいなぁと。
そうしてもらえたら、DS持ってないたくみも肩身の狭い思いしなくていいのにな。

なあんて、偉そうに言えるほど、
我が家がバッチリうまくいってるわけじゃないけど

懇談会終了後、先生が1人になったのを見計らって、
宿題の件、連絡帳でお願いしてしまいスミマセン
とお話しておきました。
やっぱりいい顔はされませんでしたし、
その分の評価は下がりますよ
とも言われました。

いえいえ、評価は気にしてませんので、
と、心の中でつぶやき、
「そうですね、スミマセンがよろしくお願いします」
と言って、学校をあとにしました


今年度ものんびり、たまにどんぐりで過ごしていきます





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

部活指導の先生

このあたりでは、小学生の頃から部活があります。
種類も少ないですし、所属しているのは半数ぐらいかな。

6年生は引退し、新人戦がありました。
どういうわけか試合に連れて行ってもらえるメンバーに入ったので、
私も試合を見に行きました。

メンバーの中にもいわゆるレギュラーの子達がいて、
まあ上手なこと。
ますますたくみがベンチ入りしていることに疑問を持ちますが

去年の秋、初めて練習試合に連れて行ってもらったとき、
張り切り過ぎたらしく、ケガをしたと連絡を受け、病院で先生とお会いしました。
たくみが別室で傷口を縫ってもらっているとき、
「今日は初めて練習試合に連れていきました。
 はっきり言ってしまうと彼よりうまい子は他にも何人もいるんですが、
 みんながだれてしまうような時も、黙々と練習しているんですね。
 だから一度連れていってやりたかったんです。」

いやいや、先生、私を泣かせる気ですか

今回連れていってもらえているのも、
習い事をしていないので出席率が抜群にいいのと、
そんな彼の姿勢からだと思っています。
試合にはほとんど出場できませんが、
本人は見るだけでも、まあたいそう喜んでいます。

どんぐり的には部活も遊びではないですけど、
中学以降のようなしごきはもちろん無く、
また先生がいわゆる熱血でもなく、
加えてたくみのやる気が満々なので、
部活は続けています。
1学期から夏休みの間もまるっと無く、
休日もほとんどお休みですからね。
平日も毎日ではありません。

塾だ、習い事だ、と忙しかったら、
たくみもだれていたでしょうね~。
何もしていないからこそ、これだけはやりたい、と
たくみ自身もはっきり思うことができているように思えます。


と、ほんとはこんなことを書くはずではなかった

レギュラーさん達が上手なおかげで
勝ち進むものだから色んな学校の先生を見ることができたんです。

試合中も「負けるな!」と何度も大声を出す先生、
「まだ終わっとらんだろーが!」と怒鳴る先生。

大人の私からするとですね、、、感じが悪い。。。の一言につきます。

しかも年齢は関係ないんですよね~。
若くてもうるさい先生?熱い先生?いますから。


我が校の先生、
病院で会ったときは、なんだかそっけない先生だなと思ったんですが、
(真顔でたんたんとお話になるので)
いや、いい先生でした。
試合になったら、ほとんどは子ども達の判断にまかせていて、
決して先生自らは熱くならないのが、うん、よかった。

今回勝ったときは、すごく喜んでましたけど
普段は冷静な先生だけに、そんな姿を見て、なんだか私もうれしかったです。

来年度も転任せず、いてくれるといいのですが。
こればっかりは、わかりませんね。











コンテントヘッダー

(下底+上底)・・・は間違いですか?

3学期に入りまして、
算数だけ2学期のまとめテストがありました。

なんにもしなくても100点だよ~~
なんて言う、どんぐりっ子ではありませんが

なんにもしてない割には、
学校の勉強は理解しているな、と思える結果ではありました。
たくみ自身も
「ここがわかったよ。これもできたんだよ。」
と、以前不正解だった部分が今は理解していることに自分で気づいていました。
覚えていて書いたわけではない、と本人も言っていたし、
しっかり考えている過程がわかる書き方をしていました。

どんぐりしてると、本当に点数がどうでもよくなります~

で、表題のあれです、台形の面積の求め方。
教室で教えるときは、まあわかります。
混乱しますし、(上底+下底)×高さ÷2
で、教えることになるのでしょう、、、、が。

(下底+上底)・・・
で、減点されていました。


融通がきかない社会人はこうして作られるのか~


長方形の面積習ったときも、『よこ×たて』で減点どころかバツだったし

公式ありき、なんですね。
どうしてこの公式になるか、ではないのですね。
(公式の意味からしたら、どちらでも○、ですよね?)
考える力のある子の方が、算数イヤになってしまうような感じがして、
ちょっとおそろしい。

たくみの場合、公式の意味までちゃんと理解してるかはあやしいですが




コンテントヘッダー

整数のテスト

10月のはじめに、
整数のテストがありました。
返却されたテストの点数は、50点台

私自身、公約数とか公倍数とか素数とか、
小学校のときにやった覚えがない!
中学では、しっかりやりましたよー。
今、こんなにバッチリやらないとならない単元なんですかね?
私にはよくわかりませんが。

テストは表と裏があって、
表は、ひたすら公約数、最大公約数、公倍数、最小公倍数、素数
を求める問題が、たくさん。
裏は、文章問題が3題でした。

制限時間は30分。

そりゃ無理だ 

意味がわかって無い訳ではないのです。
家でゆっくり考えながらやればできるのですから。
あわてさせないでいただきたい。
おかげで楽しんで解けるはずの文章問題も
手が付けられなかったではないかー。

なので、文章問題だけ、ゆっくり取り組まさせていただきました。
1日1問で。
まだ、こういう場合は最大公約数を求めるのだ、
などは思いつかないみたいです。
でも、それでいいんじゃないのかな

算数テスト_整数1
算数テスト_整数2
算数テスト_整数3

思いっきり、
パターン学習してる子はできるテストでした。
不安になってしまうから、
こういうテストはやめてほしいなぁ。






コンテントヘッダー

テスト返却

計算、漢字テストの他に、
先週、1学期まとめテスト(算数)がありました。

「テストがあるって知らんかった~」
と、浮かない顔で帰ってきたので、
「ふふふ。できんかったの?」
と聞いてみたら、
「いや。なんとかできたけど。。。」

返却されたテストの点数はさておき、
何を間違えたのか、ですね。

以前から『位』の理解がいまいち。
最近はゆっくり考えればわかるようなのですが、
いきなりのテストにあせっちゃったかな

➀ 42.195は、42と195をあわせた数です。
② 0.758は、75.8の10分の1です。
③ 300000立方cm=立方m

でも、これも大事な大事なお宝ですね

あとは、体積を求める問題で、計算間違いがあったのと、
簡単な文章題で、答えに付ける単位を忘れちゃいました。


しかし、裏を見てみると!
いわゆる応用の文章問題が、全部、まる

これは、、、これは、、、
間違いなく、どんぐり成果です。
お勉強では他に何もしてないし。
言葉の遅かったたくみがこんな問題を順序立てて解けるなんて。


行ったり来たりを繰り返しながら、
少しずつだけど、
時々だけど、
成長を垣間見ることができて、

ラッキー



プロフィール

かここ

Author:かここ
1977年生まれ 愛知県在住
専業主婦です

夫と
長男たくみ(2003年生まれ)の
3人家族

何気ない日々の徒然を綴っていけたら~と思っています

どんぐり倶楽部やってます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。